<< 2019 信州遠征2回目 | main | ラスト >>

一人探索

0

    今年も もうすぐ禁漁に入る

     

    週末の雨量は およそ300ミリ

     

    県内でも何ヵ所か通行止めになったようです

     

    今年もまたかと ため息がでる

     

    月末の天気予報はまたまた雨なので 週中に一人で入渓してきた

     

     

    朝から 見える魚を狙うのだが バラシの連発

     

    釣れていないが 現状に満足していることに気付く

     

    焦ってもあかんし の〜びり行きましょ

     

    坊主だけど 右に立ち 左に立ち 

     

    ここからここまで流してなど ちっぽけな脳をフル回転して組立てする

     

     

     

    ピシャッと反応する

     

    今日はアマゴよりも イワナが先にキャチできた

     

    来年に期待したいサイズ

     

     

    この後 同じサイズぐらいのアマゴとは足元で別れた

     

     

     

    アマゴがよく居付くポイントに 下から突き上げてきたのはイワナだった

     

    グイグイ抵抗し ジャンプまでしてくれた寸足らず

     

     

     

    昼食を終え 二つ目のプール

     

    右の端っこに浮いてるのを見つけた

     

    手前には流れがあり狙いにくいポイントに待機中

     

    対岸際に興味があるのか 背中を見せているような状況

     

    対岸ぎりぎりに攻めんと バラシの可能性が上がるかな

     

    姿勢を低く回り込み 枝に隠れながら 左手キャスト

     

    理想のポイントにフライは着水する

     

    ゆるりと流れ 魚もゆるりと近づく

     

     

    尾の大きな尺イワナ

     

    自分のつたない技量内では 選択肢が限られるのだが

    やれるだけの事をした結果には満足です
    その後 寸足らずを仕留め
    同サイズぐらいを ドンピシャで合わすも至らず
    手前に定位しているのに気づかず 奥の泡切れの大物を狙い場を荒らす
    咥えてきたのが見えていたのに 合わせのタイミングがズレており至らず
    「なんだかなぁ〜」って ポロリとつぶやいていた
    納竿時間になり 最後にいびつな瓢箪型のプールで締めることにした
    流れのあまりない 滴る泡切れに着水
    ん? 抵抗が大きい
    暴れまくって 落ち着いてくれたのだが
    「足が こっちかい」と 
    2本目に 独り言
    瓢箪プールの流れのあるポイントには
    泡切れからでてきたり 泡の中に隠れたりとする影を見つける
    結び目などチェックし 泡の中からフライがプカリとする
    影が泡から出てくる
    本日 3本目
    ビフォーアフターのナレーションの声が脳内を流れる
    「なんと いう事でしょう・・・・・」
    目にした影よりも 小さかったのだが・・・
    結果 日に3本もだしたら 文句を言えんじゃろうて
    月末 晴れたら ラスト釣行してみようと思う

    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM