奥飛騨釣行2018

0

    6月8日

     

    1年ぶりの奥飛騨釣行。

    前夜に東北支部長と合流し、翌朝2人で釣り開始。

    天気もよくて気持ちいいっす。

    少し渇水模様だけれども・・

    このくらいのイワナがポツポツと遊んでくれる。

    渓の標高が高いためにカップ麺もパンパンっす。

    それにしてもいい天気やった。。

    釣りが終わればもちろん温泉。

    東京からの仲間と合流して今夜のメイン飛騨牛を堪能。

     

    6月9日

     

    この日も予報に反して天気は上々。

    渓相も抜群。

    増水気味の蒲田川を関西支部長がウエットで攻略中。

    夜はもちろん大宴会。

    総勢8人でワイワイガヤガヤ。

     

    6月10日

     

    最終日は北陸経由で帰ってみる。

    念願の永平寺に立ち寄ってみる。

    この階段、テレビで見たことあるぞ。。

    ついでに福井のソウルフード、ボルガライスで今回の釣行を締めくくる。

     

    充実した楽しい3日間だった。

    参加のみなさんお疲れさまでした!


    すんませーん!

    0

      9月3日

       

      えびすさんの初釣行。

      午前4時にワタシを迎えに来てくれる。

      「今日は初釣行ですね。天気もよさそうですしよかったっすね。ウェーディングシューズとか忘れてないっすか?」

      「ここにちゃんと持ってきてますよ。」

      「いいっすね。では出発しますか。」

      一路目的の渓に向かう。

      途中同水系の別渓に入るイロハ隊員とも連絡を取り合いながら意気揚々と・・・

      小1時間くらい走ったところで・・

       

       ・・・ん?・・・

       何か違和感が・・・

       

      「あっ!・・・・・・」

      「どうかしました?」

      「あのーーーーーー・・・ワタシ・・ウェーディングシューズ忘れたみたい・・」

      「・・・」

       

      「すんませーん!」

       

      ということで一旦家まで取りに戻ることに。。

      イロハ隊員に連絡いれると

      「そしたら現地で待って場所取りしときますわ。今日は一緒に釣りましょう。」

      ってことに。

      皆さんにご迷惑かけっぱなしで・・

      それからの車内の会話は渓につくまで覚えてないわけで。。。

       

      当初の予定より大幅に遅れて入渓^^;

      えびすさんも初めてとは思えないほどどんどん上達していく感じで。

      イロハ隊員の適切なアドバイスもありながらーの。

      お見事!

      初釣行にて初ゲット!

      おめでとうございまーす!!

      空にはクマタカが見れたりしてちょっぴりラッキー。

      ワタシがウェーディングシューズ忘れたからこれも見れたんだって自分に言い聞かせたりしてみたり^^;

      お昼はワタシからのお詫びのお蕎麦をふるまってせめてもの償いを。

      謝り続けて6時間、納竿の時間を迎える。

      とりあえずケガ無く釣り終えたことに感謝。

      初釣行のえびすさんにも釣果があって当初の心苦しさも喜びに代わって終わりを告げようとしていた。。

       

      イロハ隊員と別れてえびすさんと和気あいあい話しながら帰っているとき、

      イロハ隊員から着信。

      「お疲れ様でーす。」

      「あれ?すみませんじゃないの?」

      「あ、ハイ、今日はいろいろとすみませんですぅ。。」

      「今日ボクが入ろうとしていた渓で今日他のフライマンが入って尺釣ったらしいっすよ。」

      「マジっすか!?」

      「ボクが予定通りに入っていたら尺が釣れてたかもみたいっすわ。」

       

      ・・・すんませーーーーーん!・・・

       

      今回の釣りのお話はこれでおしまいSMILY


      メンタンピン

      0

        7月18日

         

        青さんとの秋田釣行に向けて東京行きの夜行バスに乗り込む。

        4泊5日で車中泊2日テント泊2日の強行スケジュール。

        せめてバスではしっかり寝なきゃ。。

        と、ワタシの後ろの席には可愛いおねえちゃんが乗り込んできた。

          緊張して寝れないじゃないか・・

        しかも芳香が漂ってくる。

          いかんいかん、寝なきゃ寝なきゃ・・

        眠れたか眠れなかったかは・・ご想像におまかせ^^

         

        7月19日

         

        早朝、無事青さんと合流。

        新幹線に乗り込んで秋田へ向かう。

        道中車内ではワタシが麻雀本を持ち込んでいたことから麻雀談義に花が咲く。

        聞けば青さん、有名某プロ雀士と打ったことがあるとか。

        恐るべし青さん。

        「なんでまた麻雀なんだよ?」

        「最近AbemaTVの麻雀番組見てたらもう一回勉強してみようって気になりましてね。」

        「麻雀の勉強してもおいしいみかんは作れんだろう?」

        「みかん栽培には役立たないかもですが人生には役立ちそうな気がしましてね。麻雀って運に左右されるゲームでしょ。運がいいときはイケイケどんどんでいいですけど、悪い時にどうするかが問題じゃないですか。それって人生にも通じるような気がするんっすよね。釣りにも当てはまるような気がするんっすよね。」

         

        そんなこんなで目的の駅に到着し、駅前のレンタカーを借りて現地に向かう。

        現地は天気も上々で絶好の水況。

        とりあえず竿を出して様子見。

        渓の雰囲気は上々。

        ただ人も多い。

        10数年前はこんなに人がいなかったんだけどなぁ・・

        初日はたいした釣果もなくとりあえず終了。

        今回のメインはキャンプなんで今日はそっちを楽しもうってことで。

        今夜のメインディッシュはワタシのリクエストで青さんお手製のハンバーグ。

        うまいんだなこれが。

        カレーもうまかった。

        積もる話をポツポツしながら夜も更けていった。。

         

        7月20日

         

        キャンプの朝は飯炊きから始まる。

        上々の出来。

        朝食を済ませていざ出発。

        渓は東北らしい広葉樹の森が広がっている。

        ブナ、ミズナラ、ホオ、トチなどなどなど・・

        木をみているだけでなんかワクワク。

        クマさんもいつ出てくるかわかんないんすけど・・^^;

        渓の雰囲気も抜群。

        イワナもいい調子で釣れてくれる。

        わりかし色白の秋田美人。

        なかなかの良型。

        良型ヤマメも釣れて満足満足。

        お昼はお決まりの渓流蕎麦。

        渓師はみんなこれやったほうがいいっすよ^^

        四囲の森。

        豊かな水。

        東北の森はほんと気持ちがいい。

        こういう自然は末永く残していきたいものだとつくづく思う。

         

        釣りに満足したら残すはラストキャンプ。

        湧き水で冷やしたビールでまずは乾杯。

        本日のメインはイワナの甘露煮。

        自然の恵みに感謝。

        キャンプ地の河畔にはヒメホタルの灯りがチラホラ。

        空は満天の星。

        幸せな夜が過ぎていく。。

         

        7月21日

         

        最終日は荷物をまとめて温泉へ。

        秋田の名湯乳頭温泉郷の黒湯温泉。

        平日の午前中とあって人も少なくいいお湯でした。

        さっぱりしたところで今回の全日程を終了。

         

        まずは無事帰路につけたことに感謝。

        3日間とも晴天で天候に恵まれたことにも感謝。

        釣果も上々で大満足。

        それに付け加えて、美味い食事と良型の渓魚たち、満天の星にヒメホタルとの出会いに恵まれた釣行だった。

        麻雀に例えれば「メンタンピン三色」のアガリってところだ。

        それに行きの夜行バスで後席に可愛いおねえちゃんが乗り込んできてくれたことで裏ドラが1個乗ったって感じ。

         

         メンタンピン三色ドラ1

         

        配牌に恵まれツモにも恵まれたハネマンちっくな大満足釣行だった。

         

        青さん、お疲れさんでした。

        青さんの締めくくり釣行にご一緒できたことを誇りに思います。

        ありがとうございました。

         

        今回の釣りのお話はこれでおしまいSMILY


        奥飛騨釣行2017

        0

          遠征1日目

           

          2年ぶりの奥飛騨。

          天気は上々。

          日本アルプスを眺めながらの釣りは最高に気持ちいい。

          ここは人気河川の蒲田川。

          このハイプレッシャーの渓を攻略できるのか・・・

          この日は雪代混じりでまだまだ水量が多い。

          普段は四国の小渓流しか釣っていないために川幅の広い渓での釣りにはちょっととまどってしまう。

          とりあえず普段通りのズボラな釣りを開始。

          ワタシのズボラな釣りでもヤマメちゃんが反応してくれる。

          ありがとうございまーす^^

          良型も顔を出してくれて大満足!

           

          「僥倖としか言いようがない」・・・って藤井四段みたいに言ってみるワタシ^^

           

          7時間車で走ってきた甲斐があったってことで。

          フライは1種類というズボラなことでよかったんだろうか・・・^^;

          初日は各地から3名が集まっての晩餐。

          飛騨牛うまいっす^^

          昔話を懐かしみながら久しぶりの再会を楽しんだ3名だった。。

           

          遠征2日目

           

          この日は初日から参加のOさんと別の渓へ。

          条件がよかったのか良型のイワナくんが反応してくれる。

          おおらかなイワナ釣りもいいもんだ^^

          同行のOさんはこの日はルアーでの釣りを楽しんでいる。

          あらゆる釣りをするというOさん。

          海釣りはもちろんのこと、ワカサギ釣りからヘラブナ釣りまで。

          懐の深さ釣りの幅に感服することしきり。

          いろんな釣りをすることで新たな発見があるもんだ。

          こだわりがあることはいいことだが、そのこだわりにとらわれることだけは避けなければならない。

          視野を広く持つことは上達への近道の一つなんだろうな。。。

          のんびりとおおらかに釣りした後はお待ちかねの大宴会。

          この日は総勢8名が集合してワイワイガヤガヤ。

          話は尽きることなく夜更けまで。。。

           

          遠征3日目(最終日)

           

          奥飛騨の朝は朴葉味噌から始まる。

          ごはんが進んでうまいんだなこれが。

          朝食の後はドローンで集合写真を空撮。

          ドローンを持ってる人が身近にいるなんて・・^^

          話題の尽きないメンバーだこと^^

           

          最終日は午前中に少しばかり釣りを楽しみ、その後はグルメを堪能。

          お昼はお気に入りのお蕎麦屋さんへ。

          やっぱりうまいっす^^

          そして今回遠征の締めは名古屋のひつまぶしに決定!

          開店時間に行ったものの30分ほどの待ち時間。

          その時間を利用して熱田神宮へお参り。

          雰囲気あっていいところです。

          今度じっくり来たいもんだ。

          お腹も空いたところでお待ちかねひつまぶし。

          名古屋メシの奥深さに感動。

          うまいっすね^^

          次回遠征の締めはどの名古屋メシにしようかな^^

           

          天候に恵まれ釣果にも恵まれた今回の遠征。

          温泉に食事においしいお酒にも恵まれた幸せな時間。

          そしてなんといっても楽しい仲間との語らいが大満足な釣行になった最大の要因であろう。

           

           仲間ってほんとにいいもんだ

           

          そう実感した今回の釣行であった。

           

          今回の釣りのお話はこれでおしまいSMILY

           


          チョレイ!

          0

            6月10日

             

            梅雨に入ったばかりなのにこの日は快晴。

            早朝の林道を気持ちよく車を走らせる。

            が、途中で車から異音が・・・

             

            ワタシの車 ヤバイっす 。。。

             

            予定していた場所には行けず。

            テンションダダ下がりのまま手前のポイントに入渓。

            天気だけは気持ちいいんだが・・

            今日は先日の雨を期待していたのだが・・・

            渓はまだまだ渇水模様。

            釣ったら張本くんよろしく「チョレイ!」って叫んでやろうっと目論んでたのだが・・

            魚じゃなくってこんなのが釣れてしまったりするわけで。。

            バーブレスだったけど生き残ってくれるかな。。

            申し訳ない気持ちでいっぱいっす。。

            思うように魚も釣れず。。

            今日は「チョレイ!」なんて発することもなく。。

            チョうか(釣果)レイ(零)の危機に瀕しているワタシがいるわけで・・・

             

            でもでも渓の楽しみは釣りばかりでないところがいいわけで。

            今日のお昼は当初一緒に行く予定だったSさんが用意してくれてた半田そうめん^^

            うまかったっす!

            Sさん次回はご一緒しましょう!

            付け合わせにレモンを加えてみたけどこれがなかなかグッドでした。

            ついでにこれも。

            渓のコーヒーもやっぱりうまいっす。

             

            最終的には同行のアニキもワタシもチョうかレイだけは免れたって感じで。

            次回は張本くんばりの「チョレイ!」を連発したいっす^^

             

            異音を発しながらも自宅まで帰り着いたものの週明けには車を修理に出さなくっちゃ。

            渓流釣りに行くときは車の整備をしっかりしとかなきゃいかんもんっすね。

            今日の釣りでは車のこと(帰り)が心配で全然集中できんかったっす。。

            反省多き今回の釣行でした。

             

            今回の釣りのお話はこれでおしまいSMILY


            アレ・・アレ・・・アレ?

            0

              5月2日

               

              やっと今シーズンが開幕。

              いつの間にか渓は新緑の季節。

              こんな時期まで釣りに行かなかった(正確には「行けなかった」ですが・・)のは初めてですわ。。

              とにもかくにも上天気で気分も上々。

              同行のアニキも気持ちよさげにフライラインを操っている。

              久しぶりにしては釣果もボチボチ。

              飽きない程度にアマゴちゃんが遊んでくれる。

              まだちょっとサビが入ってるのもいる。

              時期的にはもう少し下流で釣ったほうがよかったかな・・

              ま、アニキもしっかり釣ってるし。

              よかったよかった^^

              今シーズンも行くチャンスもあまりないかもしれないから、どうせ行くなら気持ちのいい渓にしようってことで今回の渓を選定。

              プライオリティは渓の風景。

              ワタシはやっぱりこの渓がお好みのようで。

              開豁で明るい渓は最高に気持ちいい。

              心地よい疲労感とともに本日の釣りを終了。

              今回も事故なく帰れることに感謝。

               

              と、気持ちよく終わる予定だったのだが。。。

               

              下山して車で帰る帰り道。

              午後6時半を過ぎた頃だっただろうか。

              山間の道は薄暗くヘッドライトをつけてとある川沿いを走っていると何かがフロントガラスにぶつかってきた。

              それも矢鱈とバンバンと。

              虫だ。

              それもかなり大型の。

              「これは・・・デカイ・・・カディスやね」

              「名前は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんとかトビケラよ・・・・・アレ・・アレ・・・アレ?」

              名前が出てこない(◞‸◟)

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              仕方なくスマホで「トビケラ 大型」で検索。

               

              「ヒゲナガやっ!!!!!」

               

              「ヒゲナガ」って名前が出てこなかったことにめっちゃショック!

              「ヒゲナガ」ってフライマンにとってのイロハのイみたいなもんじゃなかったっけ。

              ヒゲナガのハッチを追っかけてイブニングに出かけるってのがフライフィッシングの醍醐味の一つじゃなかったっけ。

              ヒゲナガのハッチに狂喜乱舞する大型の渓魚を夢見たあの頃。

              ヒゲナガパターンのウエットフライを結構巻いていたあの頃。

              希望に満ちた時期ってやっぱりいいもんだ。

              ワタシもまた初心に戻らないといけないっすね。

               

              帰り道のあの川ではヒゲナガのスーパーハッチがあったんだろうなぁ。。。

              久しぶりにイブニングに行きたくてムズムズしてきたぜぃ^^

               

              今回の釣りのお話はこれでおしまいSMILY


              アブニモ負ケズ

              0

                7月28日

                 

                アブニモ負ケズ

                ブヨニモ負けズ

                貧果ニモボウズニモ負ケヌ丈夫ナ心ヲ持チ

                欲ハナク

                決シテ怒ラズ

                イツモ静カニ釣ッテイル

                一日ニ渓魚数尾ヲ釣リ

                一杯ノコーヒーヲ飲ミ

                釣果ニ追ワレズアラユルコトヲ愉シミ

                ヨク見聞キシ分カリソシテ忘レズ

                渓ノ木陰ノ小サナ岩ノ上ニイテ

                東ニ良淵アレバ行ッテ毛鉤ヲ浮カベ

                西ニ格好ノ瀬アレバ行ッテ毛鉤ヲ流ス

                南ニ河畔ノ温泉アレバ釣レズトモ極楽極楽トイイ

                北ニ美味イ酒アレバ釣レズトモコレガアレバ満足トイイ

                日照リノトキハ涙ヲ流シ

                寒サノ夏ハオロオロ歩キ

                ミンナニヘンタイ長ト呼バレ

                褒メラレモセズ苦ニモサレズ

                 

                ソウイウ釣リ人ニワタシハナリタイ

                 

                今日の釣りのお話はこれでおしまいSMILY


                青さんとの時間

                0

                  7月11日

                   

                  2年ぶりに青さんがやってきた。

                  夕方合流しまずは歓迎の意を込めて瀬戸内の幸を堪能。

                  アコウはやっぱりウマイっすわ^^

                   

                  7月12日

                   

                  梅雨の合間の貴重な天気。

                  水量もまずまずでオチビちゃんながら1投目から釣れる。

                  活性はいい模様。

                  釣れるサイズはたいしたことないがきれいなアマゴがポンポンと出てくる一日。

                  いと快適なり。

                  1日の釣りを終えてメインの宴会。

                  夜はW氏も合流してワイワイガヤガヤ。

                  野菜がおいしい年頃になりました^^;

                  今日はアマゴちゃんを食す!

                  自然の恵みに感謝!!

                  素揚げにしたアマゴをガブリ。

                  サックサクで美味。

                   

                  7月13日

                   

                  まずはモーニングコーヒーでお目覚め。

                  雨模様ながら釣りはできそうなのでこの日も釣り決行。

                  決行したものの結構増水しててドライフライにはちと厳しい。。

                  が、エサ師の青さんはこの日も順調。

                  よかったよかった^^

                  釣りを終えたらまずはコレ!

                  この1杯がたまらない^^

                  この日のメインは自家製トマトのパスタ。

                  これまた美味^^

                   

                  2日間の釣りを終えて翌日解散。

                  今回もケガなく無事終えたことに感謝。

                  釣果はボチボチだったけど青さんに2年ぶりに会っていろんな会話や食事を楽しみ一緒に釣りの時間を共有しあえたことが一番の収穫だった。

                  聞けば青さんも今年73歳。

                  いつまで一緒に渓に立つことができるのだろう。

                   

                  青さんの足腰が丈夫なうちに邂逅の地秋田の渓にまた一緒に行きましょう!

                   

                  今回の釣りのお話はこれでおしまいSMILY


                  快晴の休日

                  0
                    4月30日

                    とにかく天気のいい一日だった。

                    久しぶりにアニキとの釣行。

                    今シーズンのファーストヒットはこの子。

                    このあともずーっとオチビちゃんたちが遊んでくれたわけで。

                    とにもかくにも天気に恵まれた一日。
                    渓はめちゃくちゃ気持ちよかったっす^^




                    今回の釣りのお話はこれでおしまいSMILY

                    寸暇を惜しんで・・・

                    0
                      3月19日

                      午後5時半、ほんの少しの時間しかないが釣りができるときには行っとけってことで今シーズンの初釣りを開始。

                      しばらくしてアマゴちゃんのファーストコンタクト!
                      ノラズ・・・
                      相変わらずの出だしかな^^;
                      結局30分ほどの釣りで1バラシ2ノラズ。
                      嬉しさも中くらいなりおらが春って感じで。
                      日没納竿。

                      30分でも渓に立ってやっと今シーズンが始まった。
                      これからぼちぼち釣りにも行かないかんっすね。
                      渓はやっぱり気持ちよかったわけで。
                      ここで一句。

                       せせらぎに 毛鉤放ちて 春うらら

                      やっぱり凡人査定かな・・^^;

                      今回の釣りのお話はこれでおしまいSMILY

                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM