ラスト

0

    今年 最後の入渓をしてきた

     

    店長との同行は初となる

     

    すんませんな〜 最終日に付き合ってもらって

     

    昨夜は熟睡しようと 少し多めに飲んで寝たのが失敗

     

    寝過ごした・・・起きたのは すでに10分遅れ

     

    電話したら出ない・・・店へ掛けていた

     

    あっ 携帯の番号知らんわ

     

     

     

     

    飲み過ぎて 足にくるのがメチャ早い

     

    入渓したごろには もうグダグダ 汗びっしょり

     

    本当に 申し訳ございません

     

    気合いれて釣りあがるも はやすでにヘロヘロ 

     

     

    しかしまぁ〜 ポンポコ釣れる

     

    なかなか 進まない

     

    25センチを越えるのは数本でだあったが

     

    7寸サイズがバカバカ

     

    贅沢をいうちゃいかんが チョット釣り疲れた

     

     

    帰りは 登山道を教えてもらい 入渓付近まで約50分

     

    そこから 車まで40分

     

    踏ん張りがきかんほどに ガタガタ

     

    冬の間に 痩せなあかんな

     

    曇った時間が長かったが 雨に降られずシーズンを締めることとなった

     

     

    来年 同行するさいには体調を整えます

     

    ありがとうございました


    一人探索

    0

      今年も もうすぐ禁漁に入る

       

      週末の雨量は およそ300ミリ

       

      県内でも何ヵ所か通行止めになったようです

       

      今年もまたかと ため息がでる

       

      月末の天気予報はまたまた雨なので 週中に一人で入渓してきた

       

       

      朝から 見える魚を狙うのだが バラシの連発

       

      釣れていないが 現状に満足していることに気付く

       

      焦ってもあかんし の〜びり行きましょ

       

      坊主だけど 右に立ち 左に立ち 

       

      ここからここまで流してなど ちっぽけな脳をフル回転して組立てする

       

       

       

      ピシャッと反応する

       

      今日はアマゴよりも イワナが先にキャチできた

       

      来年に期待したいサイズ

       

       

      この後 同じサイズぐらいのアマゴとは足元で別れた

       

       

       

      アマゴがよく居付くポイントに 下から突き上げてきたのはイワナだった

       

      グイグイ抵抗し ジャンプまでしてくれた寸足らず

       

       

       

      昼食を終え 二つ目のプール

       

      右の端っこに浮いてるのを見つけた

       

      手前には流れがあり狙いにくいポイントに待機中

       

      対岸際に興味があるのか 背中を見せているような状況

       

      対岸ぎりぎりに攻めんと バラシの可能性が上がるかな

       

      姿勢を低く回り込み 枝に隠れながら 左手キャスト

       

      理想のポイントにフライは着水する

       

      ゆるりと流れ 魚もゆるりと近づく

       

       

      尾の大きな尺イワナ

       

      自分のつたない技量内では 選択肢が限られるのだが

      やれるだけの事をした結果には満足です
      その後 寸足らずを仕留め
      同サイズぐらいを ドンピシャで合わすも至らず
      手前に定位しているのに気づかず 奥の泡切れの大物を狙い場を荒らす
      咥えてきたのが見えていたのに 合わせのタイミングがズレており至らず
      「なんだかなぁ〜」って ポロリとつぶやいていた
      納竿時間になり 最後にいびつな瓢箪型のプールで締めることにした
      流れのあまりない 滴る泡切れに着水
      ん? 抵抗が大きい
      暴れまくって 落ち着いてくれたのだが
      「足が こっちかい」と 
      2本目に 独り言
      瓢箪プールの流れのあるポイントには
      泡切れからでてきたり 泡の中に隠れたりとする影を見つける
      結び目などチェックし 泡の中からフライがプカリとする
      影が泡から出てくる
      本日 3本目
      ビフォーアフターのナレーションの声が脳内を流れる
      「なんと いう事でしょう・・・・・」
      目にした影よりも 小さかったのだが・・・
      結果 日に3本もだしたら 文句を言えんじゃろうて
      月末 晴れたら ラスト釣行してみようと思う

      2019 信州遠征2回目

      0

        スーカーさんと信州遠征

         

         

        台風後の遠征のため 思わん増水気味

         

        あれやこれと 手を替え品を変え

         

        試作中の外道も試してみる

         

        なかなか釣れない

         

        難しいけれど 楽しい初日

         

         

         

         

        2日目

         

        チィ〜チャイのが メッチャ釣れる

         

         

        メッチャ楽しい

         

        今日もあの手この手と 四苦八苦

         

        体高あるから 引きが強い

         

         

        夜中 結構な土砂降りに心配していたものの

         

        意外と 活性が高いかな

         

         

         

         

        3日目

         

         

        あかん マジ厳しい

         

        午前坊主し午後に突入

         

        スーカーさんに チョイ足らず

         

         

        2019信州遠征が終了した

         

        後は 無事故無違反で帰ろっかな

         


        シーズン終盤

        0

          今年の稲刈りも無事に終わり

           

          のんびりしてきた(9月中)

           

           

          色々なポイントからパクパク 

           

          中には見切るのも居たりと なかなかにユニーク

           


          2019 稲刈り

          0

            去年から 煙突と呼ばれている稲刈り機にして非常に体力的に楽である

             

            それでも はしかいんで今年は 工場などに置いてある扇風機を購入

             

             

            軽トラから乾燥機に移す際に電源を入れると 

             

            はしかそうなキラッキラッしたのが飛ぶ

             

            例年にくらべて 首周りの痒さが軽減されたように思う

             

             

            最近の夏の暑さにあてられ 食欲が減退し

             

            新米が胃袋に入るのは 年末ごろが多かったが

             

            おかげさんで もうすぐ新米が喰える

             

             


            2019 観月祭

            0

               

               


              蓮花

              0


                熱中症対策

                0

                  一週間ほど最高気温が35度の気象庁の予報

                   

                  夜は30度が近い

                   

                   

                  昨日 畑の草刈りしたけど 熱中症の初期症状の繰り返し

                   

                  日陰に入っても クーラーボックスのお茶飲んでも

                   

                  タブレットの塩をとっても さほど画期的対処ではない

                   

                  保冷剤を前と後ろに吊って 調空服で風を通すといがいに凌げる

                   

                  草刈りも区切りがついたので スーカーさん誘ってGO

                   

                   

                   

                   

                  タマガワホトトギスだったか? ↓

                   

                   

                  朝から チビ含めてバラシ バラシ

                   

                  食いが浅いのと 見切られるのと

                   

                   

                  すっぽ抜けの連続

                   

                  小さな滝壺の落込み泡切れを しつこく流し

                   

                  やっと1本目

                   

                   

                   

                  先日の信州遠征の時の反応のように2度目が無い

                   

                  あかん 厳しいのぉ

                   

                  スーカーさんが見かけたのは 見抜きもされず沈むありさま

                   

                  ヤバイ 厳しい けど面白いし楽しい

                   

                  終盤やっとキャッチできた

                   

                   

                  天気予報通り 雷が鳴りだし 小雨がパラパラしだしたので

                   

                  今日はこれでおしまい

                   

                  もう少し 奥にまで行きたがったが 

                   

                  ケガでもしたら しょうもないからな

                   

                  何気に砥部にあった 火を噴くオロチョンが食べたい・・・


                  2019.07 信州遠征

                  0

                     

                    梅雨明けまじかのタイミング

                     

                    ポンドさんと初の信州遠征

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    初日の朝から すこぶる調子いい

                     

                    泡の中からガツンと重い

                     

                     

                    丁寧に しつこく誘うのがイイみたい

                     

                    水量が多くドラグが掛かりやすいが ゆっくり流してやる

                     

                    開きや 肩 流心にいたりと ポイントが多過ぎです

                     

                     

                    しかしまぁ〜 泡が多い

                     

                     

                    今日 初めて落込みの際からでてきたのは抜群の手応え

                     

                    初日から 一本頂きました

                     

                     

                    その後も ポロポロ寸足らずが顔を見せる

                     

                     

                     

                    あああああ 一日が短い

                     

                    そろそろ移動をせねばならん時刻

                     

                    温泉入って 買い出しして テント張って

                     

                    明日に備えよう

                     

                     

                     

                     

                    二日目

                     

                    昨夜は夜遅く降ったものの快晴である

                     

                     

                    今朝も景気よく 朝から反応イイ

                     

                    久々の赤いヒレ

                     

                     

                    黒もいる

                     

                     

                    黄もいる

                     

                     

                    今日はつ釣果の上がらない ポンドさん

                     

                    午後から 人が変わったように攻める

                     

                    泡切れから出てきた奴は 大きく弧をえがくも

                     

                    痛恨のバラシをやってまう

                     

                    近くで見てたけど 太かった

                     

                    バーブやし力抜いたら そりゃ貴方外れますわ

                     

                    拗ねずに 丁寧に攻め続けた結果

                     

                    再度大きく弧をえがく

                     

                     

                    ポンドさんも 一本頂きました ↑

                     

                    ご満悦な表情は見なくても感じ取れる

                     

                    うだうだ言わずに そっとしておいて

                     

                    本人には 余韻に浸ってもらいましょう

                     

                     

                    〇〇高原アイスクリーム工房に立ち寄ったのは二度目

                     

                    濃厚な味わいを堪能した

                     

                    次回も立ち寄ろう

                     

                     

                       

                     

                     

                    三日目

                     

                    気にならない程度の小雨

                     

                    台風接近に伴い 小雨までとし入渓をする

                     

                     

                    ポロポロポロポロと良く釣れる

                     

                     

                    小ぶりだけど 何か?

                     

                     

                    フライパターンを あれこれ変えながら

                     

                     

                     

                     

                    緩い流れから ポロポロポロポロ

                     

                     

                    昼過ぎに 降り始めたので今回の遠征はこれまでとした

                     

                     

                    帰りには 信州そばを食べて締めることとした

                     

                    また 戻ってきたい


                    カナダ釣行

                    0

                      7月13日

                       

                      待ちに待ったカナダ遠征。

                      フライフィッシングを始めたころから「いつかは海外へ」の思い。

                      20年余り経過しての初体験。

                      ワクワクドキドキの思いでカナダの大地に降り立つ。

                      カルガリー空港からホテルに向かう。

                       

                      日本にはないこの広さ。

                      アメリカ大陸的この風景。

                      とうとうやってきたんだな。。

                       

                      7月14日

                       

                      天気は晴れ。

                      向かうはボウリバー。

                       

                      本日のボウリバーのボートフィッシング出発地点。

                      広いっす。

                      システムはガイド1人に釣り人2人まで。

                      1日で20数キロを下りながら釣るボートフィッシング。

                      ワタシが持参したタックルは♯5。

                      フライを始めたころからいつかはボウリバーへの思いで買っていたロッドとリール。

                      やっと日の目をみたってことで。

                      ラインはフローティングでリーダーは2X〜4X。

                      この日はガイドにお任せのニンフフィッシング。

                       

                      釣り始めてまもなく、丸々と太ったブラウンが釣れる。

                      引きは強烈。

                       

                      ボートで川を下りながらバンクを攻める釣り。

                      途中で情報交換しながら下って行く。

                       

                      美しいレインボー。

                      アベレージは40〜50くらいだろうか。

                      40upしか釣れないってどうなんだろう・・・

                       

                      7月15日

                       

                      この日はドライフライで釣りをしようってことで朝5時釣り開始。

                       

                      今日も天気は上々。

                       

                      今日も強烈な引きの連続。

                      同行のK氏のロッドもバットから曲がってます。。

                       

                      こんなブラウンが釣れたり。

                       

                      こんなブラウンが釣れたりで。

                       

                      空がきれいっす。

                       

                      相変わらずロッドがめっちゃ曲がってます。

                       

                      同行のJFS会長もバンクを攻めてます。

                       

                      7月16日

                       

                      3日目は釣りの中休み。

                      当初はレンタカーをかりてバンフへ観光しようと計画していたのだが、朝から雨模様でバンフ行きは断念。

                      カルガリーのダウンタウンでのんびり過ごすことに。

                       

                      お昼前には天気もよくなって青空が。

                       

                      ダウンタウンのストリートは生花できれいに飾られている。

                       

                      ボウリバーはダウンタウンのすぐそばを流れていて。。

                       

                      ボウリバーはカルガリーの母なる川って感じなのかな・・

                       

                      カフェでのんびりな一日を過ごす。

                       

                      7月17日

                       

                      中休みの翌日はワタシの個人的な希望で山岳渓流のwalking wade。

                       

                      ガイドのビルと待ち合わせのフライショップで現地のドライフライパターンを激写。

                      小さいサイズは日本とそんなに変わらないかな。

                       

                      ビルと合流してポイントまで2時間のロングドライブ。

                      カナディアンロッキーの景色もすばらしい。

                       

                      本日の川はこんな感じ。

                       

                      本日のターゲットはカットスロート。

                      ニジマスの原種と言われているらしい。

                      もちろんドライフライで狙う。

                       

                      小さな川でもこのサイズが普通に釣れる。

                       

                      この日は釣り人が多くて入渓場所に一苦労。

                      平日なのになんでこんなに多いんだ???

                       

                      釣れるカットスロートはとにかく美しい。

                      それに引きも強烈。

                       

                      釣れるサイズはやっぱり40up。

                      これがこの川のアベレージらしい。

                       

                      7月18日

                       

                      5日目は釣り最終日。

                      初日と同じコースでニンフフィッシング。

                       

                      ニンフフィッシングのシステムはこんな感じ。

                      ドロッパーに大型のドライフライ(写真右上)をつけてリードにニンフ(写真左下)をつける。

                      ドライフライがウキ替わりになっている。

                      たまにドライフライにも出てくるから案外面白い。

                      このシステムだとロッドはやっぱり♯6のほうがいい感じ。

                      ♯5だとちょっとキャストしづらい。

                       

                      会長は本日も快調!

                      次々にロッドを曲げていく。

                       

                      魚のコンディションもgood!

                       

                      空にちょこっと写っているのはペリカン。

                      ボウリバーはちょっとした動物園みたい。

                      ビーバーにペリカン、様々な野鳥、一番の感動はゴールデンヘッドイーグルを見れたことかな。

                      釣りをしなくてもそれらを見ながら川下りできるのがボートフィッシングの魅力の一つかも。

                       

                      ランチで一休み。

                       

                      ボウリバーのボートフィッシングはボートで川を下りながらバンクを狙うというやり方。

                      これが意外とかなりテクニカルで面白い。

                      次から次へと出てくるポイントの数々。

                      ボートは流心を下るから普通にキャストするとすぐにドラッグがかかってしまう。

                      なのでリーチキャストとメンディングが非常に重要。

                      それがうまくできると釣果は上がる。

                      それにボートとバンクの距離は一定ではないからキャストのアキュラシーも重要。

                      川の流れの速さに応じてそれらが瞬時に次々とできなければ釣果が伸びないという仕組み。

                      今流しているポイントを釣りながら次にやってくるポイントを見極め、ピックアップするかメンディングするかを考えながらキャストを繰り返していく。

                      想像よりもはるかに面白い釣りだった。

                      そして楽しい釣りだった。

                       

                      そのうえパーフェクトな魚体が釣れるから気持ちいい。

                      リールファイトは当たり前。

                      この時のために買っていた往年の名器ハーディのソブリンのドラグ音が鳴り響く!

                      めっちゃ快感!!!

                      ただ、釣れすぎると腕が疲れます。。。

                       

                      今回の大物賞はK氏。

                      ストリーマーで釣りあげた60レインボー。

                       

                      そして60ブラウン。

                      デカイっす!

                       

                      7月19日

                       

                      最終日はバンクーバーに移動して一日のんびりと過ごす。

                       

                       

                       

                       

                       

                      念願の初海外遠征も無事終了。

                      非常に充実した1週間だった。

                      思い切って来た甲斐があった。

                      来る前は「ボートとか・・」「ニンフとか・・」なんていう思いも少なからずあったのだが、実際に体験するとワタシが想像してたものをはるかに超える面白さと楽しさ、そして充実感がそこにはあった。

                       

                      「フライを始めたからには一度は海外へ」はやっぱり正しいかもな・・・

                       

                      今回の遠征に誘っていただいた会長ありがとうございました!

                      そして同行のKさんお疲れ様でした。

                      ちゃんと英語が話せるお二人で非常に助かりました。

                      ありがとうございました。

                      英語が出来ればガイドのビルともっとコミュニケーションがとれて楽しかったんだろうなぁ・・

                      それが唯一の心残りっす。。。


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM